中学受験は塾の力を借りて乗り切る

中学受験は塾の力を借りて乗り切る

中学受験は、小学校受験と違い筆記試験のみの結果で合否が決まる学校がほとんどです。
中学受験対策を行っていない小学校に通っている場合、学校の勉強だけをしていても難関と言われる中学校には合格しない可能性が高いです。むしろ小学校の成績が悪くても中学受験は成功したという方はたくさんいます。

小学校ではテストの結果だけで成績がでることはあまりありません。成績が良いから中学受験は大丈夫というわけでは決してないのです。
まずは自分はどの程度の知識量があるのか、大人数でテストを受けることに慣れているのか、学習塾に通ってそれらを知ることが受験成功への第一歩となります。

学習塾では定期的に全国模試のようなものがあります。全国で自分はどの程度のレベルに位置しているのか具体的に知ることができるのです。
定期的に受けることによって志望校の設定がしやすくなるでしょう。

小学校とは違う環境、仲間の中で模試などのテストを受けたり、集中して勉強することは、受験本番のシミュレーションとなります。
学習塾では志望校ごとの出題傾向や、その年の出題傾向を予想しているので、ピンポイントで勉強することも可能です。
塾に通うのが遅すぎたという場合でも、そういった傾向を知るだけで受験本番の結果が変わることもあります。

INFORMATION

2017年01月19日
ホームページを更新しました